おもてなしの第一歩

高断熱・高気密ドア

設計図

家の格式とセンスを感じさせ、戸建ての雰囲気をつくり上げる要素の1つがドアです。お客様を迎え入れる玄関ドアは、おもてなしの第一歩ともいえる大切なものです。室内ドアはインテリアとマッチさせながら、おしゃれな空間をつくりましょう。最近大和市では、戸建ての高断熱・高気密化が進み、ドアにおいても断熱性の高いガラスに複層ガラスを採用したものを選ぶ大和市の人が増えています。戸建ての玄関ドアには扉単体の片開きドアと2枚扉の両開きドア、ドア本体以外に小さな扉のついた袖付きドアがあり、両開きドアは開閉動線が大きいため広い玄関スペースを要します。通常、一般戸建て住宅で使用されるドアの大きさは、ハイドアと呼ばれる2〜2.3mの高さが主流で、横幅は90cm前後、有効開口幅は通常75cm以上あり、車いすでも通れるようになっています。大和市では輸入ドアも増えています。輸入玄関ドアには木、スチール、グラスファイバー製などがありますが、天然木を使ったドアは高級感があり、断熱性や遮音性に優れています。主な樹種はオーク、マホガニーなど広葉樹のものとパイン、米マツ、米ツガなどの針葉樹のものがあります。また大和市でも塗装されたものをよく目にしますが、これは無塗装の状態で輸入されたものを現場で塗装しています。その際には色の選択に気をつけてください。濃い色に塗装すると日光を吸収しやすく、ドアの反りや変色の原因になるので避けましょう。

役所で調べておく

設計図

大和市に戸建てを建てるにあたり、防火面や構造面に関する規制をチェックしておく必要があります。こうした規制によって、大和市で使える工法が限られ、間取りにも影響するからです。防火規制に関する戸建て住宅の耐火性能については、技術の進歩に伴い、特定の材料で判断するのではなく、実験で確かめた実質性能で判断する形に法律が変わってきました。性能規定化と呼ばれる傾向ですが、これにより多様な工法で防火規制をクリアできる素地ができました。工法と防火性能の判断などは、専門家の知識を借りないと難しい部分ではありますが、打ち合わせなどが円滑にできるよう、基礎知識を押さえておきましょう。防火規制は、用途地域とは別の地域指定によって行われています。それが都市計画法上の防火地域と準防火地域、都市計画区域外にも指定できる屋根不燃区域といったエリアです。一般には都市部で戸建てが密集するエリアほど、防火上の規制も厳しくなっています。まずは大和市の戸建て建設予定地が、防火上特別の地域に指定されているかを確認しておきましょう。大和市の役所で調べることができます。規制内容の基本的な点は、建てられる建物の耐火性能などです。防火地域になっている場合、地階を含む階数が3以上になると耐火建築物しか建てられません。現在は性能規定化により、実験で性能が認められれば、様々な工法が考えられますが、一般には鉄筋コンクリート造りや耐火被覆をした鉄骨造りなどの建物です。これは鉄骨造りや主要構造部を不燃材で覆った木造住宅などが該当します。

メリットと仕組み

室内

注文住宅のメリットは、様々なこだわりを設計に反映できる点です。建売住宅だと間取りや土地がすでに決まっているため、自分で自由に選べません。その点、注文住宅であれば土地探しから設計までオーダーメイドできるので、町田市にこだわりのマイホームを建てられます。外観から内装まで、自分好みにできるのは注文住宅しかない魅力です。費用を自由に調整できるのも、注文住宅の持つメリットです。建売住宅だと購入前に価格が決まっていますが、注文住宅は予算に合わせて資材を選んだり、要らない設備を削ってコストダウンができます。町田市で注文住宅を建てる時は、自分たちが納得できるまで業者と費用の相談をしましょう。実際に町田市で注文住宅を建てるとなると、まず土地を探さないといけません。土地選びに時間がかかってしまうと、注文住宅が完成するまでに時間がかかるので、早めに準備を始めましょう。町田市で自分の希望条件に合う土地が見つかっても即決せず、周辺環境をよくチェックしてから判断してください。注文住宅を建てたいと思ったら、最初に資金計画を立てる必要があります。注文住宅は設計にこだわりすぎると予算をオーバーしやすいので、最初にしっかりとした資金計画を立てることが大事です。費用が予算内に収まるように、注意しながら設計を進めていきましょう。不動産会社やハウスメーカーなどと相談しながらプランニングを進めていくと、冷静な判断ができます。